嘉悦大学図書館 Lissブログ

嘉悦大学情報メディアセンター図書館の日々の出来事および、図書館学生スタッフLiss(Library Student Staff)の業務日誌

気ままな更新

読書について

こんにちは。(*・ω・)ノ

嘉悦図書館学生スタッフの金城です。

今日は読書について簡易的に書いていこうと思っております。

「読書を始めようと思うけど、頭が悪いから本が難しくて読めない。」
という思いを持った方もいると思います。

そこで今回は、難しい本はなぜ難しいのかを説明することにより、どの本を読めばいいのかを紹介できればいいなと思います。

本が難しい理由には大きく分けて3つ理由があります。
1つ目は、知識量の問題です。読書は読む速度と知識量が比例します。
なので、知識量が乏しい状態で多くの知識量が必要な本を読んでしまうと、読む速度が遅くなり理解できないと感じてしまうことが多々あります。明治大学教授で教育学者の齋藤孝先生は『読書力』という本の中で『読書は「知能指数」でするのもではない。むしろ、本を読んだ蓄積でするものだ。』ということを言っております。そのため最初のうちは、予備知識のあまりいらない本を読んだ方がいいと思います。

2つ目は、著者の文章が下手であるということです。
作家を本業としている人にはなかなかないことですが、学者にはとても強く見られる傾向です。特に哲学者に多いと個人的には感じます。

3つ目は、難しいのではなく内容に全く意味がないというものです。
このケースはとても稀ですが実際にあります。アラン・ソーカル事件と検索してもらえれば早いのではないかと思います。興味があれば是非。

以上のような3つの理由から本は難しいと感じられます。
では、どのような本を読めばいいのか。答えは簡単です。上記に当てはまるような本を除けば、ある程度どのような本を読めばいいのかが絞れます。そこから、自分の好みのものを適当に選べばよいと思います。

私の独断ではあるのですが、参考として読みやすい出版社を挙げておきます。
文庫本で物語が読みたい方であれば

双葉文庫 角川文庫 (個人的には筒井康隆がおすすめ)

文庫本で知識モノが読みたい方であれば

王様文庫 PHP文庫 


新書本が読みたいのであれば

幻冬舎新書 PHP新書


これはあくまで、私の経験則であるため著者によるばらつきがあると思いますが、参考程度にして貰えると嬉しいです。そして、知識量が付けば難しい本にも挑戦して頂ければ幸いです。

ここまで言っておいてなのですが、読書の楽しみ方はいろいろあります。最初から難しい本を手にしてもいいし、下手な文章にがんばって付き合ってもいいのです。楽しく読書しましょう。


*今回出てきた本
齋藤孝 読書力(岩波新書)
https://opac.kaetsu.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=2000083983&opkey=B158218115215648&start=1&totalnum=17&listnum=0&place=&list_disp=20&list_sort=0&cmode=0&chk_st=0&check=00000000000000000





『りすけ』とは? ~その真相に迫る~

こんにちは!

Liss2年の剣持です

みなさんは『りすけ』を知っていますか?

      ・
      ・
      ・

(はーい…)

そうです!
Lissのマスコットキャラクターのことです!

りすけ


本を背負ったリスのキャラクターで、館内のいたるところに潜んでいます

このブログのプロフィールにも『りすけ』が描かれています!


机やポスターなど色々なところにいるので
来館した際はぜひ、探してみて下さい

みなさんはどこで勉強しますか?

みなさん
こんにちは!

Liss2年の剣持です!

今日から夏休み貸出で長期間、本を借りられます!
詳しくはこちらのブログで確認お願いします


さて、学生の皆さんは試験が近いですが、
試験勉強やレポート作成はどこでしていますか?

カフェやファミレスで勉強!?

定期的に勉強するには、お金に余裕がないと厳しいですよね…

そしたら家で勉強!?

自分を律する心があれば別ですが、誘惑があって難しい…


では図書館なんてどうでしょう!

無料で利用できますし、フタのついてる飲み物であれば館内でも飲むことができます!

わからない事を本で調べて、理解を深めることもできます!!
(そのまま、借りていってもOKですよ!)

勉強する場所に悩んでいる皆さんにおすすめ!
ぜひ図書館をご利用ください

栞の種類を増やしたい3

こんにちは

Liss2年東です

栞の種類を増やしたいシリーズパート3です
(良かったら栞の種類を増やしたい栞の種類を増やしたい2も読んでみてください)
今回で栞の種類を増やしたいシリーズも完結です

さて、前回かなり完成まで近づいていた栞…
押花の水分もいい感じに抜けて良い仕上がりでした
P_20190622_144231
(試作品2号)

試作品1号と比べると一目瞭然ですε=ε=(;´Д`)
P_20190615_143318
(試作品1号)

試作品1号も悪くはありませんが、何故か変色している…

そして、今回できた栞が、

ハイ!
P_20190628_202910
(完成品1号)

クローバーです
押花ではありませんが、いい感じではないでしょうか
緑が映えますね!

前回の栞でこっそり失敗していたQRコードも今回は上手くいきました
(栞にQRコードを載せて本学図書館のツイッターをアピールしようとしましたが、
QRコードが小さすぎて読み取れませんでした)
今回は栞にあるQRコードがちゃんと読みとれます

とりあえず、今回で栞シリーズのブログは一段落です
もしかしたら、また続きを書くかもしれませんが…
まだまだ押花の栞自体は作成していくので、
貸出の際に栞をチェックしてみてください

栞の種類を増やしたい2

こんにちは

Liss2年東です
以前、栞の種類を増やしたいという記事を書きました
今回はその続きです( ´∀`)つ

(まだ、以前の記事を読んでいない方は
「栞の種類を増やしたい」も読んでみてください)

前回作成した栞はこんな感じです
P_20190615_143318
(試作品1号)
この時は、押し花をラミネート加工して大丈夫かのテストがメインだったので、
栞って感じはあまりしません。

そして今回、
P_20190622_144231
(試作品2号)
じゃじゃーん!!

どうでしょうか?なかなかの出来栄えじゃないでしょうか?
今回の押し花には、校内に生えていた雑草を使いました。
なので、花の名称はわかりません
すみません

ただ、どれもうまく押し花になっていて、
(ひとつは押し草ですが…)
変色もせず成功です

押し花について調べてみたのですが、
どうやら水分の少ない花が適しているようです
今回のラインナップはどれも水分が少なかったのが功を奏したのかもしれません
(今が梅雨じゃなかったらもっと良かったのですが…湿気は押し花の天敵です)
この調子でどんどん量産していこうと思います!

今度は紫陽花で作ってみたいなぁ…なんて
今回は、残念ながら紫陽花はまだ花弁が落ちていませんでした
また探してみます

次のしおりはどうなるのやら...
続報をお待ちください


プロフィール

liss_kaetsu

嘉悦大学情報メディアセンター図書館の学生スタッフです。
青のエプロンを着て活動中!

記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
嘉悦大学ソーシャルマーケティングプロジェクト


嘉悦大学ソーシャルマーケティングプロジェクトのウェブサイトへ
ブクログ
QRコード
QRコード