嘉悦大学図書館 Lissブログ

嘉悦大学情報メディアセンター図書館の日々の出来事および、図書館学生スタッフLiss(Library Student Staff)の業務日誌

年末年始の利用時間・閉館日について

Twitterに投稿
皆様、こんにちは
Lissの長谷川です\(^o^)/

今日はクリスマスイブ!
明日はクリスマス、そして、次はお正月...。
この時期はイベントがたくさんあり、日々がとても楽しく感じます。
皆様は、どうお過ごしですか?

さて、嘉悦大学は明日から冬休みに突入致します(*^^)v
それに伴い、図書館も閉館になります。
借りたい本は、もう借りましたか?
今日は、19時までですよ。

閉館期間は以下の通りです。
12月25日(火)~1月3日(木)まで

yjtyjd

なお、1月4日(金)から通常どおり開館致します。
皆様のご利用、お待ちしています(^O^)/

Liss東のおすすめの本を紹介します。

Twitterに投稿
こんにちは!

Liss1年の東です(*・ω・)ノ

最近たるんだ生活をしてしまっているので、改善が自己目標になってます

さて、本題です。今日は私が最近読んだおすすめの本を紹介したいと思います

森見登美彦さんの『四畳半神話体系』です。

この本のざっくりとした説明をするならば、

主人公で大学生の“私”が親友の“小津”に振り回されつつも、大学生活を充実させていく物語です。

この“小津”という人物は一癖も二癖もある人物です。

『…なんだか月の裏側から来た人のような顔色をしていて甚だ不気味だ。夜道で出会えば、

十人中八人が妖怪と間違う。…(略)』とあるほどインパクトが強い見た目で、

人の不幸で飯が三倍食える性格の持ち主です(苦笑)

主人公は“小津”のことを嫌がりつつも、悪事に加担したり、被害者になったりと大忙しの日々を過ごし

ていきます。

この話の魅力は、主人公が「もしもあの時、こうしていたなら…」と思うたびに、

その時に戻ってやり直すというところです

そしてやり直すたびに“小津”に出会い振り回されてしまいます。

私はそんな主人公を哀れに思いました

同時に、“小津”のような友達がいたらどんなに楽しいかと羨ましくも思いました

読んでいてとても愉快なので是非読んでみてください。

どこかSFっぽいところもあります。

ちなみに、この作品はアニメ化もしています

アニメとは少し内容に違いがあるので、両方見ても楽しめます。

上手く伝わらなかったらすみません

とにかく面白いのでおすすめです。

嘉悦大学図書館に置いてありますので是非読んでみて下さい。




新しい特集コーナーができました!!

Twitterに投稿
こんにちは!

Liss1年の剣持です!


皆さんは、自分の性格をどれくらい知っていますか?

意外と、「他人から言われて初めて気づいた!」
という自分も知らないような一面があるかもしれません


今回は、特集コーナー2F⑥の
「心理学!~自分と他人を深く知ろう~」
についてご紹介いたします!

unnamed


この特集コーナーでは、
自分の心を知ることができる本や、
鋼のメンタルをつくることができる本
良い人間関係を作ることができる本など

心理学を扱う興味深い本をたくさん集めました!


場所は、2階特集コーナーです。(階段を登って、すぐ右です!)


さらに、最近寒くなってきたので、
階段広告と特集コーナーの看板に雪だるま(自作)を入れてみました!

ぜひ、そちらもチェックしてみて下さいね!

イチョウのきれいな季節になりました

Twitterに投稿
こんにちは。
Liss1年の東です
最近一層寒くなってきましたね
体調を整えていきましょう

突然ですが、嘉悦大学の売店の前に銀杏の樹があります。
銀杏の黄色い落ち葉が、とてもきれいです。
その鮮やかな色は、見る人を楽しませるでしょう
図書館を利用した際には、ぜひ立ち寄ってみて下さい。
P_20181215_151142


ところで、嘉悦大学図書館には以下のような本も置いてあります。

気になる胃の病気』渡辺純夫著
最近、胃に違和感がありませんでしたか?
胃が気になっている、そんな方は読んでみることをオススメします。

次はこんな本です。

老いない腸をつくる』松生恒夫著
腸の機能低下を遅らせれば、加齢はブロックできる!
…らしいです。
果たして真実はどうなんでしょうか?
気になる一冊です。

イチョウだけに、「」の本の紹介をしてみました。
嘉悦大学図書館に立ち寄って読んでみて下さい。
ご来館をお待ちしております。
プロフィール

liss_kaetsu

嘉悦大学情報メディアセンター図書館の学生スタッフです。
青のエプロンを着て活動中!

記事検索
タグクラウド
最新コメント
Twitter
嘉悦大学ソーシャルマーケティングプロジェクト


嘉悦大学ソーシャルマーケティングプロジェクトのウェブサイトへ
ブクログ
QRコード
QRコード