嘉悦大学図書館 Lissブログ

嘉悦大学情報メディアセンター図書館の日々の出来事および、図書館学生スタッフLiss(Library Student Staff)の業務日誌

カウンセリング室の須藤先生にインタビューしてきました!(後編)

Twitterに投稿
こんにちは、Liss2年の木村です

お待たせしました!春休み特別企画、
「カウンセリング室の須藤先生にインタビューしてきました!」の後編です

なお、前編はこちらをご覧ください。

では続きをどうぞ



木村
カウンセラーの仕事をする上で、先生が最も大切だと思うことは何ですか?
 
須藤先生
学び続けることですかね。
自分も未だに研修を受け続けているのですが、この仕事は結構研修費がかかるので…(笑)
時間や費用など、いろんな意味でコストがかかる仕事なんですけど(笑)
まぁでも深く言うと、やはり学び続けるということかと。

木村
須藤先生のおすすめの本はありますか?
 
須藤先生
あるにはあるんですが。結構内容が重い本なんですけど…。
 
木村
タイトルを教えてもらってもいいですか?
 
須藤先生
『夜と霧』という本ですね。
ユダヤ人で精神科医のフランクルという人が、第二次世界大戦でナチスドイツに捕まり、
全てを失った中で一体何を拠り所として生きるかを書いた本です。
 
木村
全てを失ったというのは?
 
須藤先生
強制収容所では、服装や名前、家族など全て奪われてしまうんですよ。
収容所では、名前では呼ばれず、代わりに数字で呼ばれますから。
こうやって人としての拠り所となるものを失うと、働きたくなくなりますよね。
働けないとなると、毒ガス室に放り込まれてしまうんです。
そのため、人は何か希望を持って生きなきゃいけないんです。
この本は、戦争の悲惨さを表したものだと思うんですが、
「人はなぜ生きるのか」ということが間接的に書かれている本だと思うんですよね。
 
木村
他にもおすすめの本はありますか?
 
須藤先生
これもまた同じ作者の本なんですが、『それでも人生にイエスと言う』という本ですね。
フランクルが強制収容所から出た後のお話です。
 
木村
続きがあったんですね。
 
須藤先生
フランクルは、強制収容所から出たらこういう授業をしたい、と頭に描きながら
生きてきたというんですね。その授業を書いたものがこの本なんです。
 
木村
機会があったら是非読んでみたいです。



木村
最後に、学生に対して何か一言お願いします。
 
須藤先生
社会に出たら時間がなくなってくるので、
今のうちに出来る限り様々なことを体験してください、ということですね。
 
木村
須藤先生、この度はありがとうございました。



              ~インタビューを終えて~ 
 
今回のインタビューではカウンセラーとしての仕事の難しさ、そして奥深さをとても感じました。
また、人とコミュニケーションをとることは、自己理解を深めることや、他人の心のケアとしても
大切なものだと感じました。学生の皆さんも人との繋がりを大切にしてください。


 
              ~インタビューに登場した本~

     _SX310_BO1,204,203,200_              _SX321_BO1,204,203,200_
         『夜と霧』                 『それでも人生にイエスと言う』
   ヴィクトール・E・フランクル著            ヴィクトール・E・フランクル著 





 
   

カウンセリング室の須藤先生にインタビューしてきました!(前編)

Twitterに投稿
こんにちは、Liss2年の木村です

突然ですが、皆さんは学内にカウンセリング室があることをご存知ですか

今回は、春休みの特別企画として
カウンセラーの須藤先生にインタビューをしてきました

P2200098                   P2200064
          須藤先生                           インタビューの様子

初めてのインタビューでしたが、須藤先生は物腰柔らかで
とても話しやすかったです
質問にも丁寧に答えてくださいました


木村
カウンセリング室とはどんなところですか?
 
須藤先生 
ざっくりいうと、いろいろな相談を受けるところです。
相談内容に関しては、こういう相談じゃないとダメということはなく、特に決まっていません。
ただ、学生支援センターやキャリアセンターに関係しているなと思ったら、
そちらも併用するようお勧めしています。 
 
木村
就職に関してなどですかね?
 
須藤先生
就職のことに関しても、心構えの中でしんどくなってきただとか、
メンタル面のこともあるじゃないですか。
だから、どこまでがカウンセリングの範囲内になるのかは難しいので、
一緒に話し合っていければいいかと思っています。

木村
須藤先生がカウンセラーになろうと思ったきっかけは何ですか?
 
須藤先生
これはみんなに言っているんですが、大学院に進学してある程度区切りを付けたら
就職しようと思ったんです。何でもいいから働こうと思ったんですよ。
ですが、自分が大学院2年目の時、民間の相談室の研修で
「メンタルフレンド」として不登校の子を一週間に一回訪問して遊び相手になってくれ、
と言われたんですね。
大学院の先生に教わりながらやっていたんですが、なかなか上手くいかないこともあって、
あれこれ研修も踏まえながらやっていくうちに、最終的にこうなっていました。
 
木村
関わっていたら抜けられなくなってしまった、ということですね?
 
須藤先生
そうです。もうちょっとしたら違う道に行こうと思っていたんですが、
年を取り過ぎてしまって、もう他の所には行けないな、と(笑)
   
木村
カウンセラーの仕事をする上で、難しいと感じたことは何ですか?
 
須藤先生
守秘義務があるので、詳しくは伝えられないのですが…。
その場でどう言葉を返せばいいのか分からない時が結構ありました。
 
木村
フォローの仕方に悩むということですね。
 
須藤先生
はい。こういう問題に直面する時は、自分自身の自己理解が重要なので。
 
木村
自分自身の自己理解…?
 
須藤先生
カウンセラー自身が自分の問題にある程度向き合う必要がある、ということです。
それと向き合うのは、やはり難しいと思うんですよ。
 
木村
他人のことの前に自分のことが分かっていないと難しい、ということですね。
 
須藤先生
ええ。いろんな問題で部分的に重なる時が出てくるので。
というのは、僕が病院で働いていた時に先輩に言われたんですよ。
「心理とかそういう仕事をしている人は、自分が潜ったところしかガイドできないよね」って。
自分が潜ったところ、潜るということは自分の内面ですよね?
自分の内面と向き合ったところまでしか相手を連れていけないと。
新人の頃はこういうことをかなりやったので、調子悪くなりそうでした(笑)
 
木村
(笑)
 
須藤先生
周りの同僚もそうだったんですけど(笑)
そういうことが大変だったかなぁ。

木村
自己理解をする上でのポイントってあるんですか?
 
須藤先生
やっぱりコミュニケーションを大事にすることですかね。
いろんな人と話すことを通じて、自分のことが分かるのかなって。
あとは、いろんなことを体験しながら自分のことを振り返るのが必要かなと思うんです。
この振り返りで重要なのは、自分の感情だと思うんですよ。
自分ってこういうところで怒るんだな、悲しくなるんだな、とかね。
月並みなんですが、様々な人と会って様々な事を体験して、自分の感情と触れ合う
ということかなと思いますね。



インタビューは後編に続きます!
次回の更新をお楽しみに 

返却日一覧表完成!!!

Twitterに投稿

本日二度目の更新

Liss3年坂本です。



返却日一覧表完成しました!!



今思えば長い道のり・・・


IMG_20170214_144336478




イメージとしては茶色ですね(笑)




私自身Lissで何か形が残る物を作りたくて(笑)



そうゆうのが好きなんですよね






振り返るとニス塗った後の板がとても頑丈で(笑)



穴開けるの難しかったです


これからこの返却日一覧表が良い感じに使われたらいいなって思ってます




それでは









 

いい天気♪

Twitterに投稿


こんにちは!


Liss3年坂本です



昨日送別会が行われました!!!!!!!!!!!



振り返れば色々ありました。。。



飲み会、学園祭、古本市、フライベートで熱く語ったり(笑)



すべていい思い出です!!!!!!!!!!!



4年生にはプレゼントを渡しました!!

IMG_20170213_192820945

IMG_20170213_192546635_HDR

IMG_20170213_192301898


4年生がお手本となってくれて、


このLissで残してくれたものは非常に大きかったです!


今までありがとうございます!!!!


ご卒業するLiss4年生の皆さんへ


いつでも飲み会誘ってください行きますよ!!!!!!!!!!!



社会勉強させてください!!!!!!!!





田邉
IMG_20170213_204929439












幹事の富澤

IMG_20170213_205220262_BURST014


IMG_20170213_204942111

富澤へ

幹事お疲れ様!!!




みんなに気配りをしている富澤は大変そうだったけど

1年生の時に比べたら、一皮むけた感じがするし、


Liss2年男子は富澤だけなので


富澤にしかできない事を、Lissで発揮してほしいな!!!








頼んだぞ?


こうして、来年には私が(笑)



今年、1年間で思い出残す!!!!!!!!!!!




以上です(笑)





 

 
livedoor プロフィール
記事検索
タグクラウド
最新コメント
Twitter
嘉悦大学ソーシャルマーケティングプロジェクト


嘉悦大学ソーシャルマーケティングプロジェクトのウェブサイトへ
ブクログ
QRコード
QRコード